2016年12月6日火曜日

ポートランドのアウトドア・ショップなど

取材同行させていただいたショップ。忘備録兼ねて、こちらにまとめます。

Next Adventure
古着とかも扱っている、でっかいアウトドアギアショップ。ビンテージアイテムは、地下階の壁の手の届かないところに飾られています。そのうち、それらを集めてg


地下階にあるユーズド商品売り場の入り口


Breadwinner Cycles
Iraさんの裏庭の仕事場、見せてもらいました。まさにガレージブランド!
彼は、Zine「Riding in the Rian」の作者の1人でもあります。

裏庭の作業場


Hand Eye Supply
Pop Up Portland東京にも出店したというDIYツール屋さん。日本製の商品もありました。
柔軟に陳列できるという内装も素敵。案内してくれたTobiasさんは、バンドもやっているそうです。



奥の作業場にあるトビアスさんたちのオフィス


The Original Nomad
ポータブルホットタブのようなユニークな商品を使っているショップ。発明家で起業家でデザイナーのBrandonさんに話を聞きました。

新しい発明アイディアの前で

タブ



Worn Path
スケボーとアウトドアのセレクトショップ。街でも使えるものが結構ありました。



2016年12月5日月曜日

タイニーハウス見学

しばらく間が空いてしまいましたが・・・アウトドア誌の取材同行で行きました、タイニーハウスについてアップしておきます。

タイニーハウスといえば、私は「ディグニティ・ビレッジ」やユージン市の「オポチュニティ・ビレッジ」のようなホームレスのサポート的なものを思い浮かべたのですが、最近はアウトドア好きのセカンドハウスや、小さい家を望むミレニアル世代、定年退職者のトレイラーホーム的な役割の家・・・とかなり幅広く需要が増えているようです。

まずは、アルバニーのカスタマイズ・タイニーハウスを作るタイニー・スマート・ハウス(Tiny SMART House)

オーナーのNathanさん
「大学戻って、環境勉強したんだけど、卒業したらちょうどリーマンショックとかあって、景気が悪くて、もう仕事なくってさー」とか言うゆるい理由で、ビルダーの友人の会社を手伝いながら、そこで依頼を受けてタイニーハウスを作ったのが、このビジネスを始めるきっかけ。そこで作ったタイニーハウスが評判となり、2012年に独立して会社を設立したそうです。なんというか・・・力の抜けた、フレンドリーなオレゴン人らしい方でした。

7種類くらいのモデルから選んでカスタマイズしてもいいですし、ゼロからオリジナルで作ってもくれます。

製作途中のタイニーハウス
ハンティング用にライフルスペースがあったり、こだわりのキッチンがあったり、どれもオーナーの個性を出せます。

旅先で集めたクラッシュド・ペニーをアレンジした木箱

案内してくれたKC嬢は、来年は婚約者と暮らすタイニーハウスを買って、雨の降らないセントラルオレゴンへと移動するそうですが・・・なんと、自分のママの真似をして「片付けなさい!」「早くしなさい!」とかいうオウムも一緒だとか。

案内してくれたK.C.さん

鳥かごスペースをカスタマイズするそうですが・・・いやあ、東京の狭いアパートに住んでいた私でも、ダンナと母親と同じ声で小言いう鳥と一緒にタイニーハウスは・・・無理かも!
でも、彼女は、「思いついたら、朝から何処へでも行けるのよ!最高じゃない?!」と目をキラキラさせておりました。ミレニアルズな感じです。

それから、前から気になっていたポートランド、アルベルタ地区のタイニーハウスホテル「キャラバン」にも行ってきました。


この扉を抜けると、こんな感じ。

タイニーハウスが集まる敷地
中は、こんな風になっています。



こちら、「全米初」のタイニーハウスを使ったホテルサービスだそうで、ニュースメディアはもちろん、TVショー「ポートランディア」でも取り上げられました。




かなり人気で、世界中から多くの人が宿泊に来るそうです。アルベルタ地区も盛り上がっていますしね。

また、トレイラーのレンタルもしているそうです。これは子供が喜びそう!



夏、一度は借りて遊びに行ってみたいものです。

なお、ここのオーナーのDebさんに話を聞いたのですが、ダンナさんは、Accessory Dwelling Units (ADU)という車輪のないスモールハウスを作る専門家だとか。アメリカも小さい家が増えているんですね。
そういえば、週末、家に遊びに来た方、不動産屋でしたが、「ベビーブーマー世代が定年退職して、1階建ての小さい家へ引っ越したがるけど、今の若者は、彼らが建てたでかーい家、望まないから、そういう家が余るようになるかな〜」とか言ってましたね。

ちなみに、今年に入り、ポートランドにもう1箇所、タイニーハウスホテル「タイニー・ディグス」ができたそうです。ここに宿泊すれば、「変な」ポートランドらしい体験ができそうですよ。

マウリシオのグルテンフリー・ケーキレシピ

うちの夫がブランチ用に適当にレシピを考えたアーモンドとキヌア粉で作るグルテンフリーケーキが、ふわふわですごいなーと思ったので、シェアします。
簡単&ヘルシーだそうですよ。


【材料】  

· ½ cup almond flour

· ½ cup quinoa flour

· 1 tbs baking powder

· ½ tsp baking soda

· 2 eggs

· ¼ tsp of Vanilla extract

· ½ cup buttermilk

· ¼ cup blue agave


【作り方】

1. Mix all the dry ingredients well in a bowl (粉類をボールに入れて混ぜる)

2. Mix all the liquid ingredients well in another bowl (液体と卵を別のボールに入れて混ぜる)

3. Preheat the oven at 350 F (オーブンを180Cに余熱)

4. Mix the liquid and solid gently(液体と粉類をそーっと混ぜる)

5. Pour in a cake pan (ケーキの型に流し込む)

6. Bake for 25 minutes (25分焼く)



Time to prepare – 40 minutes.

2016年11月30日水曜日

スケート、スキー&ケイビングと盛りだくさんのサンクスギビング

毎日バタバタなのですが、今を逃すとまたハロウィンみたいに書き損ねてしまうので・・・先週末の感謝祭週の話を書いておこうと思います。

まず、感謝祭。前日から、友人宅にて飲み会。当日も、ディナーにお呼ばれし、巨大なターキー、美味しくいただきました。サイドディッシュのインゲン+ブルーチーズ+ピーカンナッツ+プロシュートの組み合わせも美味でした。スタッフィングもきのこいっぱいで美味しかったです。マッシュポテト、忘れた!とホストが言っておりましたが、むしろ歓迎です。あと、定番のブラッセルスプラウト(これも好き)とクランベリーソース、グレイビーもありました。

巨大ターキー

感謝祭は、まあよーく飲んで食べるのですが、いいところはディナーと言いつつ、食事の開始が3時頃ってことです。デザートも食後酒もお腹に入れて、重い腰を上げても、まだ宵の口。

で、翌日、朝から元気にまたベンドへと向かいました。今回は、マウント・バチュラーに最も近いリゾート施設だという「イン@セブンス・マウンテン」宿泊です。


ここの良いところは、屋外のスケートリンクがあること。サンクスギビングからオープンです。

クリスマスツリーが中央に設置されました

暖をとりながら、イルミネーションを眺めるのも良いものです
そして、屋外の塩水プール&ジャグジーもあります。
こちら、温水なので、氷のリンクの隣でプールにダイブ!だってできます。

見るだけで寒い屋外プール。でも入れます。
水から出た途端、めちゃくちゃ寒いですが・・・。
この日、十分な積雪だと、待望のスキー場オープン日だったのです。そりゃ寒いはず・・・。

翌日は、初スキー!とマウント・バチュラーを目指しました。

マウント・バチュラー。ポラー着用スノーボーダーがやたら多い・・・
リフトもそこそこ動いていて、雪もよくって、楽しいスキーでした。
上の方まで行ったら、風が冷たくて、氷が降ってきて寒かったですが・・・弱っちいので。

ところで、ここのゲレンデのバーにある「デシューツ・ブルワリー」のビールも美味しいですが、今回は、ベンドの「カスケード・レイクス」というブルワリーに行ってみました。IPA、すっごい美味しい!これで飯が不味くなければ言うことないのに・・・涙。
そういえば、ゲレンデのバーでサンプリングしていた「10バレル・ブリューイング・カンパニー」のビールも美味しかった。きっと、このウィンター・エールだと思います。

美味しいビールを作るデシューツ川
そして、最終日。先々週、連れの発熱で延期したケイビングへ行ってまいりました。

ベンドのツアー会社のバンで、高度の高い「ハイ・デザート」を目指します。



この土地の下には、長〜い火山の溶岩でできたトンネルが続いているそうです。その天井が崩れ落ちた穴から、中に入ります。

洞窟(Boyd Cave)から地上を見上げた感じ
洞窟好きなので、いろんなの見てきましたが、こちら、鍾乳洞ではなくて、溶岩洞。こーんなに観光地化されていないやつは初めてです。探検感いっぱい。

火山灰が積み重なっています
ヘルメットのライトを頼りに、岩をよじ登ったり、降りたり、先を目指します。2時間近く洞窟にいましたが、最後に入口付近で家族に会っただけで、ずーっと自分たちだけでした。
1時間ほど歩いて溶岩チューブの閉じたところに到着

この先、さらに行きたければどうぞ、と言われた穴
2箇所、火山灰まみれになって四つん這いでしか行けないところもありまして、閉所嫌いの夫は早々に脱落しましたが、子供は喜んでおりました。エメラルドグリーンに輝く地底湖!とか、巨大アートのような鐘乳石!的な、派手なアトラクションはないものの、この自分たち以外に誰もいないってのは、良かったです。
お約束の明かりを消して、本当の暗闇体験もサクッとできました。

いやはや、どれも楽しかったです。セントラル・オレゴン、まだしばらく通いそうです。
ちなみに、全米で死火山が街中にあるのは3都市のみだそうですが、うち2つがベンドとポートランド(Mt. Tabor)のオレゴン州だそうですよ。

【関連ポスト】

2016年11月29日火曜日

2016年11月24日木曜日

Seu Jorge "The Life Aquatic" デイビッド・ボウイへのトリビュート


昨晩、ブラジルのミュージシャン、セウ・ジョルジ(Seu Jorge)のデイビッド・ボウイへのトリビュートコンサートが、ポートランドのシュニッツアーホールで行われました。
チケットを買うのが遅くなったのもあるのですが、すごい人気なので、これは・・・デイビット・ボウイファンが来るのかな?と思っていたのです。

が、会場には、赤いニットキャップ人口の多いこと…!


「ライフ・アクアティック」のファンが来ていたのでした!

というのも、セウ・ジョルジは、ウェス・アンダーソン監督の映画「ライフ・アクアティック(The Life Aquatic with Steve Zissou)」に出演して、ボウイの曲をポルトガル語でカバーして歌っているのです。映画のサントラもこれ

思い起こせば、主演、ビル・マーレイで、ゆる〜くて、もう自分の好きな要素ばかりかと期待してみれば、いまいちピンとこなかった映画なのですが、カルト的のファンが多いそうで。
セウ・ジョルジも、映画同様の赤いニットキャップでステージに登場です。


彼の声がすごい好きなのですが、本人もやたらチャーミングで良いショーでした。

映画の話をもらうまで、デイビット・ボウイ、聞いたことなかったというセウ・ジョルジ。1曲目の「レベル・レベル」、手もつけていなかったけど、初日に「できてる?」と聞いてきた監督をがっかりさせたくなくて、「集中させて」ともらった50分で作った、なんて、すごくブラジル人らしいことをMCで言っていましたが・・・本当でしょうか。


ショーのアンコールでは、スクリーンが降りてきて、映画の場面や、ボウイの顔のコラージュなんかが映し出されました。
いやはや、本当に良いショーでした。

しかし、2列前に、ブラジル人のねーさん方がいたのですが、ブラジルのノリで、叫ぶは、一緒に大声で歌うわってしていたら、セキュリティにつまみ出されてしまいました。

まあ、周りは相当迷惑がっていましたが・・・ブラジルでは、ライブはカラオケ状態でも普通ですが、アメリカですからね。


それでも、ショーは実に良かった。CD、ボウイ・ファンにもオススメでございます。

2016年11月21日月曜日

子供とベンドでニジマス釣り

先日、友達家族とベンドのブラサーダ・ランチへ行ってまいりました。今年、年越しをした素敵なリゾートです。今回は、雪もまだ&釣り好きが一緒だったので、魚釣りへ繰り出しました。

ブラサダ・ランチからの眺め(11月)
向かったのは、シェヴリン池(Shevlin Pond)。"The Bulletin"によりますと、セントラル・オレゴンにあるオレゴン州魚類野生生物局(Oregon Department of Fish and Wildlife)が管理する子供向けの魚釣りの池の中で、唯一自然の水流(Tumalo Creek)から水が流れ込んでいる池だとか。

結婚式も開催されていた美しいシェヴリン池
オレゴン州魚類野生生物局が、次世代の釣り好きを育てる目的でニジマスを放しているので、魚がたーくさんいます。

なので、この池で釣りができるのは、子供だけ。
大人は、餌をつけて釣り糸を垂らすまでと、釣り上げてから魚を針から外す手伝いだけしかしないという決まりです。釣り上げていいのは、1日2匹、8インチ(約20.3cm)以上だそうです。

早速、トライ!

釣れる!
釣れる!
入れ食いなので、これは楽しい。
その日の夕食をそれぞれに釣り上げていただきました。

釣果
キャビンに戻って、バーベキューにしたところ、とても美味しかったです。

夏はもっと大勢の家族連れで賑わうんだとか。今の時期は寒いですが、空いていて楽しかったですよ。
いや、私は見てただけですが…。釣り好きの友人がいてくれて良かった〜。

なお、あくまで釣り堀ではなく、勝手に行って釣っていい池なので、釣り竿や餌/フライ、クーラーボックスなど用具一式は持参して下さいませ。

【関連ポスト】

2016年11月19日土曜日

「ステイ・ワイルド」誌出版家族とキノコ&海岸ツアー

前回のオーデュボンソサエティ見学に続き、今回は、オレゴンコースト1日コースに取材コーディネーターとして同行させてもらったお話です。


ポートランドの「楽しみと冒険を求めるアウトサイダーのためのフリーマガジン」、「ステイワイルド(STAY WILD)」ってご存知でしょうか?REIとかパタゴニアのショップとかにも置いてある季刊のフリーペーパーです。

世界中の記者が届けるいろーんな記事があります

こちらの出版元のジャスティン(a.k.a. スクラッパーズ)さん&エイミーさんご夫妻+息子キャンパーくん、モリソン一家のアウトドアな休日!という企画に同行させてもらいました。

待ち合わせたのは、Pine State Biscuitsというビスケット(ケンタみたいな方の)で有名なカフェ。9時ごろには、行列ができていた人気店です。

そこから、嬉しいことに道中にキノコ狩りを挟んで、コーストへ向かうことに。
車は、全員が乗れる「アドヴェンチャー・ワゴン」のカスタマイズされたヴァン(スプリンター)。これは快適!夏、お客さんが来た時のお出かけにも使いたいと思いました。

ハイウェイ26で西に向かいまして…サンセット・レスト・エリアの手前で一旦ストップ。
高速で何かと思えば…湧き水の水道がありました。ここで天然水を汲んでいくのだと。知る人ぞ知る、冷たくて美味しいお水です。

そして、サンセット・レスト・エリアから、「スティーム・ドンキー・トレイル(Steam Donkey Trail)」に入りました。
「スチーム・ドンキー」とは、木材を運ぶために使われた蒸気駆動のウインチのこと。これを使っていたエリアがハイキングトレイルになっています。


ここをキノコを探しつつ歩きます…


早速、毒を持っていそうな、可愛い子を発見。

実はこの日、昨年同様、ユージンの「きのこ祭り」へ行く予定だったのですが、まさか実際キノコ狩りができるとは!

ナメコ?
お目当ては、シャンテレル(杏茸)。時期が遅いかなーなんて言いつつ探します。
あとは…松茸も。

ロブスターマッシュルーム発見!食用にするには、ちょっと遅いようですが、嬉しい。

匂いでも確認
そして、とうとう・・・

ここに・・・

ありました!
シャンテレル茸…!

モリソン一家では、玉ねぎと一緒にオリーブオイルでソテーして食べるそうです。私は、最後にちょっと醤油をたらすと美味しいと思います。
コツは、強火で動かさずに炒めること!他の茸と混ぜても美味しい。ベーコンを合わせても美味しい…

さすが、雑誌発行人。
進んで浮かれたポーズをしてくれます・・・

きのこがヒゲから生えてきた図の撮影中
と、めでたくシャンテレル茸を発見し、スチーム・ドンキー・トレイルを後にしました。

そして、シーサイド海岸へ。
ビーチに出るためには、森を抜けていきます。

元キャンプグラウンドだったというこの森は、「オールド・グロース・フォレスト・トレイル」と呼ばれるだけあって、かなりの大木が茂っています。
常緑樹の森のトレッキンッグって、雨でもあまり濡れないんですね。知りませんでした。

スクラッパーズさんが、「前、サーフボード持って渡っている時、落ちかけた!」とかいう危険な橋には、今は、手すりが付いていました。

完成したばかりの橋

橋からの眺め

海に到着
雨が降り続いていましたが、サーファーたちが、そこそこ海にいました。

木に囲まれていてそれほど風がないものの、雨もあって、キャンプファイアーを作るのは大変。

それでも、日本人のライターさん&カメラマンさんの力もあって、無事、火がつきました!
コーヒーとその辺にあった針葉樹のお茶も飲みました。ダグラスファーのお茶、パウエルズとかで売ってましたが、こんな味なんだろうなあ、って味、というか香りです。

モリソン一家のキャンプファイヤー

帰りは、「キャンプ18」という林業の歴史を感じられるレストランにて、遅めのランチ兼ディナー。

この看板が目印。

巨大な木彫りで飾られたログキャビン
内装は、ちょっとシアトルのウェッジウォーターホテルの
ロビーを思い出す、いい感じです
とても充実した1日でした!

それぞれの雑誌に掲載されるという記事が楽しみです。

<更新>ステイワイルドサイトのポスト、こちらです。「LET’S BE-PALS