2018年9月17日月曜日

子供と一緒に!ポップコーンパッケージとペン&テラー

今年は、ホワイトバードのダンスシリーズをお休みし、オレゴン・シンフォニーのコンサートへいくつか行こうと思っています。

そのシリーズの1つに、映画に合わせてそのサントラをオーケストラが演奏するという「ポップコーン・パッケージ」がありまして、早速、1つ目、スターウォーズに行ってきました。


いやー、贅沢。
子供も大興奮でした。それにしてもハリソンフォード、若っ・・・

こちらのパッケージは、あと3本ありますので、興味のある方はぜひ!

それからもう1つ、子供と出かけたのがこちら。
アメリカを代表するマジシャン「ペン&テラー(Penn and Teller)」のショーです。

入場者全員に配られた手品に使う4枚のトランプカード

毒舌の大男ペンと一切しゃべらないテラーのコンビの手品は観客を巻き込んで、まあ笑えるし、驚かされるし、すごいエンターテイメントでした。


このビデオのマジック、ステージのオープニングアクトでした。
ラスベガスが本拠地みたいですね。チャンスがあればぜひ見て欲しいです!

TBA: Andrew Schneider

TBA18、もう1つ見てきたのが、アンドリュー・シュナイダーの「アフター(After)」。PSUのリンカーンホールで開催されたのですが、ものすごい人、それもアート系のヒップスターで、いっぱいでした。

入る前に、かなり長い間、真っ暗になって霧とかも出るし、ストロボもすごいけど、安全ですからね、との注意がありましたが、まあその通りの前衛的で面白いステージでした。目の前で、一瞬でシーンが変わるのがすごい。



しかも、ユーモアもあって、マインドフルネスを感じさせるナレーションも意外と響いたりして。「死後」とか「最期」とかにまつわる哲学的なことをテーマにしているのに、例えば取り返しのつかない出来事が、恋人や親を傷つけた、とかじゃなくて、車のトランクに鍵残して閉めちゃった、みたいな、あー、あるある、そりゃちょっと時間戻したいわ、とかだったりして、肩の力を抜いてついていけました。

あ、あと、これはストレートに時間を意識させられるから、Time Based Artのテーマにふさわしいんじゃないかなーと思ったりしました。

要チェックのアーティストだと思います!

2018年9月15日土曜日

TBA: 18 - Ann Hamilton: habitus

今年もTBA (Time Based Art) Festivalの季節がやってきました。

タイムベースド・アート・フェスティバルは、 PICA(Portland Institute of Contemporary Art)が2003年から毎年9月に、鑑賞に時間性が伴う(「タイムベースド」)ことを軸に構成されている前衛的な芸術祭です。
全米および世界からアーティストが集い、併せて評論家や観客もやってくるそうです。




その中から、昨日、オハイオ出身のアーティスト、アン・ハミルトン(Ann Hamilton)の展示を見てきました。

場所は、パール地区ウィラメット川沿いのCentennial Mills Pavilion。歴史ある製粉所の跡地の屋外パビリオンです。


中には、12の巨大な天蓋の幽霊みたいな布のオブジェが浮いています。

このオブジェは、川風を孕んで膨らんだり、繋がれた滑車の紐を誰かが引くと、くるくる回ったりします。

ふわふわした持ち手の付いた紐

紐を引くと、ハーモニカのような、笛のような、ちょっと神秘的な音色が響くこともあります。

スタッフが説明してくれたところによると、「アン・ハミルトンは、この紐を引いて手を放す、というチャペルの鐘を鳴らすような体験が、私たちはどうしても物事に固執してしまうところがあるけれど、それを解き放つことも必要だ」といったことを伝えようとしているんだとか。


建物のモデル以外、全て手を触れてもよく、中にも入れます。


また、住居、家庭、聖域などに関する引用文やイメージが自由に持っていけるように並べられていました。

屋外での展示って好きです。デジタルじゃないのも、作品に触れられるのも嬉しい。
明日までです!

ちなみに今晩は、アンドリュー・シュナイダーのステージを見に行く予定です。

【関連記事】

2018年8月21日火曜日

夏のカボチャ、サマー・スクウォッシュ色々

今年は家でも緑と黄色のズッキーニを植えてみました。ただいま収穫の時期です。 


でも、友人の農場では、もっともっといろんな種類がありまして・・・

summer squash

色は薄いですが、秋冬のおもちゃカボチャみたい。
でも、夏のカボチャ(サマー・スクウォッシュ)はみんな皮が薄くて、どれもそのまま切って、皮ごと食べられるのです。調理時間も短いし、癖もないし、カロリーが低くてボリュームもあるしで大変重宝する野菜でございます。

なぜか絶対やりたくなる姿

頭に乗っているのが、Patty Pan SquashもしくはScallop Squashというスクウォッシュ。よく「UFOみたい」と言われるやつです。首にかけてあるヘビみたいなのが、Zucchino Rampicante。

ズッキーノ・ランピカンテは、切るとこんな感じ。

Zucchino Rampicante

最後のちょっと太いところ以外、種がない!とても美味しいのです。

パティ・パンは、真ん中にタネがありますが、それもまあ食べられます。もっと小さいうちだと、丸ごといけたりして、かわいいみたいですが、そんなに早く収穫するのは、もったいない気もします。

金の皿に盛ってみた

ちなみに奥にあるのはビーツ。ラディッシュだと思ってかじったら、すげえ味でした。

2018年8月17日金曜日

「緑あふれる自由都市 ポートランドへ」最新版

ご連絡が遅くなりましたが…、百木俊乃さんの「緑あふれる自由都市 ポートランドへ」の最新版が出版されました。

カバーの色の濃い方が2018年版です
こちら、実はちょっとお手伝いさせてもらったのです。取材協力でございます。

いやー、あっちこっちのたくさんのいいお店が出てますよ!ぜひポートランドに来る方はご購入くださいませ〜。


2018年5月29日火曜日

スリッパリージャック&モレル・マッシュルーム・ハンティング

先週、オレゴン・マイコロジカル・ソサエティの会長と行くキノコ狩りに当選しまして、20名ほどのキノコ好き同志とフッド山まで行ってきました。

前回出かけたギフォード・ピンショー国有林(Gifford Pinchot National Forest)の焼け地では、見つけられなかったモレル(アミガサタケ)を今度こそ見つけたい!と意気込んで参りました。

前回の収穫、サンゴ茸とワラビ

今回はしかも、キング・ボレート(ポルチーニ)やスプリング・キングなんかもあると思うよ、と期待させるようなメールが来ています。

山に入ると・・・早速、会長がモレルを発見!「僕は採らないからねー」と言うので、みんなが物欲しそうな私に譲ってくれました。

初モレル
その後、しばらくして自分でもモレルを見つけました。これは今日は大収穫⁉︎と思ったのですが、結局、採れたのはその2本のみ・・・。

調理されるのを待つアミガサタケ

それでも美味しくいただきました。

そして今回お伝えしたいのは、「スリッパリー・ジャック(slippery jack)マッシュルーム」ことSuillus。多分和名は、ヌメリイグチ。


松の木の下に生えています。

初のポルチーニかと思いきや、会長にスリッパリージャックマッシュルームと教えてもらいました。「食べれるし、食べる人もいるけど、ヌルヌルして、私は好きではない。人によっては腹を壊す」とおっしゃいます。

これを聞いて、捨てた参加者、多数。


せっかくなので、量を増やすため、いくつか拾ってきました。当然、私は食べる気なので。弾力のあるものが良いそうです。


下ごしらえは、上の消化に悪いヌルヌルした皮とスポンジ部分を落とすこと。


わりと簡単に皮は向けます。ひだの多いアンズタケなどよりもむしろ簡単にきれいになります。


これを切って、ソテーにしてみました。


バター醤油で試しましたが、美味しい。誰?まずいって言ったの。気持ち悪いって聞いていたヌルヌルですが、ナメコとかオクラとか好きな人ならまず問題ないと思います。

実は、この夜行った、野生キノコ専門レストラン「The Joel Palmer House Restaurant」のシェフに「スリッパリージャックは、乾燥させて味を凝縮させるとうまいんだよー」と言われたので、そちらもトライ。


これは今晩のスープに入れてみようと思います。
でも、普通にソテーでもいいかなー。


ちなみに、ギフォード・ピンショー国有林は、オンラインでキノコ狩り許可書を申請できるのですが、マウント・フッドは、レンジャーステーションに平日、足を運んで申請しなければいけませんのでご注意ください。

フッドリバー・レンジャー・ステーション

2018年5月21日月曜日

すごい!Ballet Hispanico

ポートランドのダンスシリーズを招聘する「ホワイトバード」の今シーズン最後の「バレエ・ヒスパニコ(Ballet Hispanico)」を先週、シュニッツアーホールで見てきました。これが予想以上にすごい良かったのです!

Ballet Hispanicoは、ニューヨークのラテン文化をダンスで表現するというヒスパニックなダンスカンパニー。ジェニファー・ロペスもここ出身だそうです。
夫がブラジル人だからラテン贔屓というわけじゃないつもりですが、えらくこのカンパニーにはハマりました。新しい作品ばかりってのも絶対にある気がしますが、すごく新鮮で、「今」な感じ。
2回のインターミッションを挟んだ3部構成だったのですが、1部からスタンディングオーベーションで盛り上がっていました。

LINEA RECTA by Annabelle Lopez Ochoa from Ballet Hispanico on Vimeo.


1本目は、ベルギー系コロンビア人のAnnabelle Lopez Ochoaが振り付けを担当した"Línea Recta (2016)"。フラメンコをアレンジしたものですが、スピード感も迫力もあるし、衣装も新鮮で、よかったです!

CON BRAZOS ABIERTOS by Michelle Manzanales from Ballet Hispanico on Vimeo.

2本目は、テキサス出身のメキシコ系アメリカ人のMichelle Manzanalesが振り付けを担当した" Con Brazos Abiertos (2017)"。ステレオタイプのメキシコ文化などを使って、悲壮にならずに、2つの文化の間でアメリカに移住者として暮らすことについて表現した作品です。
これが、結構、アメリカ文化で育つ子を持つ私としてはグッと来たわけです。


3. CATORCE DIECISÉIS by Tania Pérez-Salas from Ballet Hispanico on Vimeo.

最後は、メキシコ出身のTania Pérez-Salasによる"3. Catorce Dieciséis"。これも美しかったですが、私がどうしても引いてしまう宗教色がちょっと気になりました。

でも、どれもとっても見応えがありました。機会のある方、ぜひお出かけください!